印刷
文字サイズ:
標準

病院からのお知らせ

研究に関するホームページ上の情報公開文書について

研究課題 大動脈弁狭窄症を併存する慢性維持透析患者の予後に関する多施設共同研究
代表施設研究責任者 藤田保健衛生大学 腎内科 准教授 稲熊大城
当院の研究責任者 医療法人研信会 理事長 小島かな子
研究の背景 大動脈弁狭窄症(心臓と大動脈との間にある血液の逆流を防止する弁の開きが悪くなる疾患)を患っている透析患者さんが増えている印象がありますが、日本における現状がはっきりしていません。大動脈弁狭窄症は透析困難症の原因のひとつでありますが、手術療法を含めて治療法がはっきりしていません。
研究目的 透析患者さんの中で、大動脈弁狭窄症を伴う割合を調査するとともに、その後の体調へどのように影響するか調査することを目的とします。
研究期間 2017年4月1日~2023年03月31日
研究方法 通院透析中の患者さんで、定期的に心臓超音波検査(心臓エコー)を受けている方が対象となります。検査で大動脈弁狭窄症の有無ならびに程度を観察し、その時期に合わせて、検査所見ならびに内服状況を調査します。その後、定期的に体調を調査します。
研究にご協力いただいた個人が特定されるような情報は匿名化したうえで、厳重に保護され、外部に出されることはありません。ご協力によって得られた研究の成果は、提供者本人やその家族の氏名などが明らかにならないようにしたうえで、学会や学術雑誌及びデータベース上等で発表されることがあります。データの保管期間については研究期間終了後から3年に当たる2026年3月31日までとし、以後は完全に消去いたします。

研究のより詳しい内容をお知りになりたい場合は、他の患者さんの個人情報保護やこの研究の独創性確保に支障がない範囲で、資料を閲覧していただくことが可能です。希望される場合は、担当研究者にお申し出下さい。

問い合わせ先 本研究の対象になられる方で、ご自身のデータの利用を除外してほしいと希望される方は、下記問い合わせ先までご連絡下さい。
除外のお申し出により不利益を被ることは一切ありません。

医療法人研信会 刈谷中央クリニック
担当者:看護師 長坂昌江
住 所:刈谷市富士見町四丁目201番地
電 話:0566-22-6800

【記事掲載日 2017年7月28日 】

1月下旬より インフルエンザ大流行中!!

新聞では、2月上旬がピークとの事・・・
寒さもきびしく、東北地方では大雪が・・・
昨年、被災された方のためにも早く春が来てほしいと願うばかりです。
患者の皆さんも、医療に携わる皆さんも
体調管理を万全に!!!

【記事掲載日 2012年2月1日 】

明けまして、おめでとうございます!!

明けまして、おめでとうございます!!
本年もよろしくお願いいたします!!

 寒さも増し、冬本番といったところでしょうか!
この寒さに遭わせて、インフルエンザも流行っています。昨年末には、職員「S」も
インフルエンザに罹ってしまい、出勤停止となっていました。

 皆さんも「罹らない」「移さない」を心がけ、この冬を乗り切って下さい。
また、「かぜ」かな?と思ったら、マスクを着けて早めに最寄りのお医者さんで診察を受けましょう!!

【記事掲載日 2012年1月5日 】

ホームページ改装しました。

この度、当クリニックのホームページを改装しました。

今後このページより情報発信を行って行きたいと思いますので、ぜひご覧下さいませ。

【記事掲載日 2011年9月1日 】