印刷
文字サイズ:
標準

透析治療を希望される患者さまへ

透析診療日

入室時間
昼の部
(午前9 時15分~10時15分)
受付可能 受付可能 受付可能 受付可能 受付可能 受付可能
夜の部
(午後4時30分~6時30分)
受付可能 受付可能 受付可能 受付可能 受付可能 受付可能
  • ※ 心電図、レントゲンの検査日も上記と同じです。
  • ※ 病院の玄関は午前7時30分より開いております。
  • ※ 日曜は休診日(緊急時を除く)です。
  • ※ 祝日の透析は平常通り行います。
  • ※ 要介護の方は、午前9時から入室できます。

透析室全景(同時透析60床の透析室)

透析治療への取り組み

1)苦痛の少ない透析

当院では全患者さまに留置針を使用しております。
透析中は、動ける範囲を示して、患者さまの安静による緊張を緩和するようにつとめています。
また、テープかぶれを防止するため、最少限のテープを有効に使い、回路を確実に固定してシャント肢に余分な負担をかけないようにしています。

2)透析液、水質管理

血液ろ過透析(HDF)などの特殊透析で、”かゆみ”や”イライラ””不眠”などの症状の緩和に対応しています。
エンドトキシン除去フィルターを設置して、クリーンな水での透析液を提供しています。

血液透析装置 透析液供給装置 水処理装置(RO装置)

透析室内の設備

1)安全で快適な環境を提供

防災対策を考慮した天井固定の液晶テレビを1人1台、無料でご利用いただけます。
透析室内の感染防止を配慮した、大型空気清浄機を設置しています。

 
落下防止対策済み液晶テレビ   空気清浄機を複数台設置

2)防災対策

当院では、災害対策委員会を組織し防災訓練及び、防災会議を定期的に実施しています。
(職員の院内避難器具、消火器具の取り扱いは万全です。)
透析室は1階なので、最短距離で安全に戸外へ避難できます。
南側はすべて大きな窓(飛散防止フィルム貼付)になっているため、避難口が混雑することもありません。
院内はすべて飛散防止照明器具を採用しています。
透析患者さまへの防災意識の向上に努めています。(ビデオ貸出や災害対応マニュアルの配布など)

最短ルートで避難できる出口 斜降式避難器具 震災時の転倒防止対策

院内施設の紹介

入り口

知立クリニック入り口外観 病棟ナースステーション 手術室(シャント手術)

入院設備

入院個室 入院共同室 ディサービス室
車イス可能トイレ 介助付き浴室 お弁当(一例)